スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年6月24日のトレーニング

トレーニング
06 /24 2017
○夜練
・ラン・・・LTオーバー走(LTペースの改善、グリコーゲンの消費)
1.8km*6本(レスト2分)
4'07,3'48,潰れた,3'57,3'58,4'04,潰れた

1本目はアップ。
そんなに力まなくても、キロ4分10秒をちょっと切るぐらいで走れて、「悪くないかも?」と思って2本目調子に乗ったら、3本目で潰れました(笑)。

4本目と5本目辺りの、キロ4分をほんの少し切るぐらいが、今日のコンセプトに合ったペースかな?と思います。
まあ、6本目のキロ4分4秒ぐらいでも、今の実力だと狙いの範囲内かな。

また、LTペースを敢えて超えるペースでトレーニングしたのは、筋グリコーゲンを削りたかったからです。
LTペース以下だとエネルギー産出システムが有酸素系中心で脂肪燃焼がメインになりそうですが、LTを超えれば、解糖系で筋グリコーゲンを使ってくれるかな?といった感じです。
まあ、その辺の生理学の知識が乏しいので、眉唾ものではありますけどね。

このトレーニングでグリコーゲンを削ったまま、夜も炭水化物を採らなければ、明日の朝はローカーボの状態でトレーニングができます。
ローカーボ状態でのトレーニングの効用については、例えば筑波大の鍋倉教授のサイトにもありますね。

そして、鍋倉教授のように20kmや30kmも走らなくても、1時間程度の低強度運動でもいけるのではないか?というのが私の見立てです。
最近、ちょこちょこ参照しているこの論文でも、朝の低強度トレーニングは1時間程度ですからね。

当たっているかどうかはわかりませんが、いろいろ自分なりに考えてトレーニングするのは、とても楽しいものですの~♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。