雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日にラン5000mTTをやったところ、21分15秒という結果だった。
先月に比べると、24秒落ち。
落ちること自体は、そんなこともあるだろうから仕方がないのだけれども、それまでの過程が問題だ。
あまり練習できていない。

少し前に、ワイリーの「戦略の原点」という本を読んだ。
軍事戦略について語られている本だ。
その中で印象的だったのは、軍事戦略は大きく分けると2種類あるとのこと。
順次戦略と累積戦略。
前者は、ある行動を起こすと結果が出る。その結果を基に、次の行動を起こして、また次の結果・・・という順を追った行動計画だ。
一方、後者は、結果が出るかどうかはさておき、一定の行動を愚直に繰り返すものである。
例えば、イチローで言えば、
・順次戦略・・・オリックス入団→日本球界で沢山のヒットと記録を産む→大リーグに行く→大リーグでもヒットと記録を量産
・累積戦略・・・日々の練習

この2つのうち、順次戦略の方が派手だし目立つけれども、イチローの凄いところは累積戦略だと思う。
日々の練習とあっさり書いたものの、もう少し具体的に言うと、イチローは3歳ぐらいから練習を始めていたらしい。
小学生ぐらいの時には、365日中360日ぐらい練習、しかもハードにやっていたそうだ。

累積戦略の特徴は、いつ結果が出るかわからないという点にある。
200mlのコップに少しずつ水を注いで溢れさせることをイメージしよう。
このコップに1ml注いだ時と200ml注いだ時を比較すると、どちらも溢れないという点では同じ結果である。
しかし、200ml注いだ時と201ml注いだ時では、たった1mlの差なのに、後者は溢れるのである。
そして、これが重要だが、コップの場合だともうすぐ溢れるか否かは一目瞭然ではあるけれども、実際の人生での累積戦略は、いま、どの程度注がれているのか?あと、どのぐらい注げば溢れるのか?は見えないのである。

もし、結果だけのために走るのであれば、今後累積戦略をとることは無理だろう。
長いランニング人生、トライアスロン人生の中で、結果が出ない時は当然にあるだろうから。
累積戦略を取れるか否かは、結果以外の魅力、もっと単純に好きかどうか、愛しているかどうか、そういったことが試されているのだと思う。


忙しい日々を生きていると、大概の事はチャチャーっと済ませてしまいたくなるし、結果ばかり見てしまう。
まあ、大方の物事はそれでもいいのかも知れない。
別に、好きでもなく、人生にさほど影響しないことであれば。

でも、これは自分好きなことだよな。とか、一生やっていきたいことだよな。といったことは、結果よりもプロセスを大切にしたい。
結果だけが自分を惹きつけているわけではないのだから。


毎日向き合って、たまたま結果出ました。ぐらいのスタンスで、ずっと走っていきたいな。
スポンサーサイト

【2013/04/22 07:09】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。