雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、フリースクールの見学に行ってまいりました。
フリースクールと言いますのは、簡単にいいますと精神的にまいってしまい学校へ行くのが辛くなった人のための学び舎です。
学び舎と言いましても勉強だけに限らず、花見に行ったり山に行ったりスキーなど、やりたい事を色々やってます。
原則として、利用者が『やりたい』事をやります。
この『やりたい』というきっかけをつくるのが、フリースクールの主な仕事になります。

ところで、先日の引越し作業で面白いものが出てきました。
僕が一年間駿台で浪人したときにお世話になった、英語の竹岡先生の歌詞です。
98393002.jpg
歌詞と言っても、別に竹岡先生が作詞したわけではなく、ビートルズの『Hey Jude』の関西弁和訳です。

竹岡先生の教えるスタンスは、『きっかけをつくれば自ら伸びる』というものです。
詰め込み学習には批判的で、例えば覚えさせる英単語の量は通常の3分の1ぐらいだったりします。
その代わりに、単語の語源からアプローチしたりするのです。
他には、難しい語彙を使わずに英作文に挑戦したり、あわてずにじっくり英文の構成を分析したり・・・
そして、この『Hey Jude』の関西弁和訳もきっかけづくりの一つなのです。
英語って面白い!と思わせるのが狙いですね。

詰め込みに批判的と言いましたが、決して詰め込みが悪いと言うことではないのだと思います。
ただ、その前提として、自分が対象としているものに対してワクワクしていることを重視しているのです。
学校の勉強はできなくても、ポケモンのモンスターを全部言えたりする子とかいますよね。
何かを極めようとするときに、その何かに対してワクワク出来るかどうかはとても大切なのでしょう。
ワクワクしていさえすれば、人は自ずと伸びるものなのだと思います。

この希望を引き出すきっかけづくりは、先生にだけ問われるスキルではないのでしょう。
自分もそういった人間に少しずつ近づいていきたいものです。
スポンサーサイト

【2010/05/11 21:27】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。