雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の5月3日憲法(のりのり)記念日という最ものりっぽい日に初めて星のり店さんに出会い、昨日でちょうど一年が経ちました。
(昨年のその時のブログはコチラ
あの頃は、七ヶ浜でまたトライアスロンができることや自分が移り住むこと、そして何より星のり店さんがまた海苔を作れるようになるなんて、全く想像できませんでした。

僕が星のり店さんに肩入れしてしまうことには、あまり理由はありません。
何故か「何とかしたい!」と思うからです。


・・・と、ずっと思っていましたが、最近なんとなくその気持ちの源泉が分かってきました。
やっぱり理由があったようです。


それは、星のり店さんが煎餅も作っていることです。


ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、僕の実家は伊豆屋という煎餅屋です。
ですから、海苔はもちろん煎餅屋としての星のり店という存在が、どうしても他人事には思えません。

星さんのところで煎餅が作られていることは、あまり知られていないかも知れませんね。
でも、しっかり商品ラインナップに入っているんですよ!
120504ブログ用
(ぜひウェブサイトもご覧ください!)
僕自身、セキュリテ被災地応援ファンドの運営会社であるミュージックセキュリティーズさんに、「七ヶ浜にこんな素敵な海苔屋さんがいる!」ということをお伝えした頃は、煎餅も作っていることについては全く知りませんでした。
残念ながら、今現在は田んぼは使える状態ではなく、今年の作付けはしておりませんから、お米並びに煎餅は販売しておりません。
(正確に言うと、田んぼの土壌は悪くないのですが、排水管がダメになってしまっていて使えません。
排水管は自分のところだけ直して済む問題でもないため、残念ながら修復はちょっと先になるかも知れません。)

世の中には煎餅屋は、そんなにありません。
七ヶ浜にも他にはないでしょう。
だからこそ、

 大好きな七ヶ浜のために何かできないか?
→海苔屋さんとの出会い。(一応)セキュリテ被災地応援ファンドの紹介
(ホントどこの馬の骨だかわからない人間の話をよくぞ聞いて下さりました)
→セキュリテ被災地応援ファンドに参加。
→その海苔屋さんが実は煎餅も作っていた
→・・・

この出会いが、とても偶然には思えません。

ところで、司法書士と煎餅屋は、全く業種が異なり、相乗効果は何もありません。
経済的な相乗効果はなくても、せめてどちらかのスキルがもう一方に生きるのであれば兼業も考えますが、そういったものもありません。
そのため、両方共やった場合には虻蜂取らずになりかねず、多くの人に迷惑をかけてしまいます。
(星さんの半農半漁のやり方は、一方がもう一方に活きる作り方をしていますが、今回はその説明は割愛しますね。
それだけで、記事一本分ぐらいになりますので出し惜しみます(笑))

随分と迷いましたが、僕は司法書士を選びました。
この迷いのせいでも、多くの方々に迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ございません。
でも、もう迷いません。
星のり店
星さんに負けないように「日本一旨い法(のり)」を作れるように精進します。
(ただし、復興以上に時間がかかりますので、しばらくお待ち下さい)

煎餅づくりに関しては、星のり店に託しました。
勝手に託されても、星さんにはいい迷惑かも知れませんが(笑)
ただ、自身の司法書士業という傍らで、せめて一ファンとして、星のり店さんが最高の海苔はもちろん最高の米、最高の煎餅を作るための支えにならせて下さい。
そして、それを食べられる日が来ることを祈らせて下さい。

繰り返しになりますが、一年前、星さんの七ヶ浜海苔がこれほど早く食べられる日が来るなんて、全く信じられませんでした。
星さんの力はもちろんですが、その星さんが再び海に向かうことが出来たのは、あの日以前からのファン、そしてあの日を境にファンになって下さった方々がいてこそでした。
581168_301249496621206_289387724474050_658521_742266703_n.jpg
遠路はるばる七ヶ浜まで買いに来てくださる方々もいらっしゃります。
同じファンとしても、本当に頭が下がります。
本当にありがとうございます。
そして、皆さんがいれば海苔はもちろん、お米も、そして煎餅も食べられる日が来ると確信しております。

ファンの皆さん、今後ともよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

【2012/05/04 19:51】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。