スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪島の白米千枚田オーナー制度 ~田起こし~

その他復興関連・地域づくり
04 /11 2012
土曜日曜と実家の輪島に帰っておりました。
白米千枚田オーナー制度の第一回農作業・田起こしに参加するためでした。
農作業は、33年間一度もやったことがないという体たらくでしたので、すごくワクワクしていってまいりました♪

田起こしの前日に、駅前通りを歩いておりましたら、こんなボードを見つけました。
0
この文章を見た時に、「『さ』が抜けてるよ。」と思いませんでしたか?
そう思ったアナタ!
ブーー!不正解!!
実は、石川弁(輪島弁?)的にこれで正解なのですよ!!

しかし、僕も「さ」が抜けてると、真っ先に思いました・・・とほほ。
輪島を離れた月日の長さを感じますね。。。


さて、平成24年度千枚田オーナー制度、最初の作業である田起こし当日。
総勢40名以上の方々が集まりました!
3
4
オーナーは全部で104名、その中で新規オーナーを中心に34名の方がこの日はいらしてました。
オーナー以外では、運営の市の観光課の方はもちろん、千枚田愛耕会の方々がいらしてましたよ♪
オレンジ色のウインドブレーカーを着ていらっしゃるのが、愛耕会の皆さんです。

日本中に棚田は沢山ありますが、この白米千枚田の特徴は、海岸線から続く棚田である点です。
5
海に近い下の方の田んぼには、水が入っていたりしました。
そういった田んぼの方が、耕すのは大変ですが美味しいお米ができるそうですよ。
どういう理屈なんでしょうかね~??


新規オーナーは、自分の居住地と名前が書かれた杭を、自分の思い思いの田んぼに突き刺すことから始めます。
11
金沢からいらしている人が多かったですね。
驚いたのは、関東からいらしている方がかなりいらっしゃったことです!
輪島出身の方でしょうか!?それとも、この千枚田の景観に惚れたのでしょうか!?
この日は、東京からの方とはお一人だけしかお話できませんでしたが、5月の懇親会ではいろいろお話をお聞きしてみたいですね。
7
8
マイ田んぼの出来上がり♪
うなぎの寝床のような長い田んぼです。
この形状も千枚田ならでは。

image (1)
鍬は2種類。
平たいものと熊手を大きくしたようなものがあります。
熊手型の方が使い勝手がいいそうなのですが、個人的には平面型の方がしっくり来ました。

6
高校時代の同級生が撮ってくれました。ありがとう!
これは、まだ鍬入れに慣れていない頃ですね。
腰が引けています。
こういう作業は、得てして慣れた頃に終わりますよね。今回もそうでした・・・

10
終わった後は、五目御飯をいただきました!
ご近所の方が炊き出しをして下さったもので、とても美味しかったです♪
写真には取らなかったのですが、メギスのつみれ汁もいただきました。
給食で出るつみれ汁は嫌いでした(ごめんなさい!)が、このつみれ汁は絶品!
丁寧にすり潰されていて出汁がよく染みこみ、メギスの旨みと、とても合っていました。
また食べたいな~

9
この千枚田の様子が、ウェブカメラで見ることができます。
意外と解像度が大きくて、素敵です!
お陰様で、マイ田んぼも確認することが出来ました。
輪島のいくつかの箇所が、ウェブカメラで見られますね♪→こちらです

さて、全体的には大満足の田起こし作業でしたが、忘れないうちに改善点を書いておきましょう。
もっともっと発展させることができそうですから、あえてね!
・強制的にコミュニケーションを取る仕組み。たとえば、居住地と名前とオーナーになった理由を書いた紙を、5人に渡すとか。
・自己紹介タイムがあるとよかった。
・参加者のプロフィールの冊子があるとよかった。どういった人が参加しているか知りたかったので。千枚田の歴史なんかも書いてあるとベター。
・居住地と名前のゼッケンがあると、コミュニケーションを取りやすかったかも。
・SNS(これはすぐできそうなので、作りますね。しばし、お待ちを)

要するに、オーナー同士のつながりができやすい仕組みがあると、更に良くなるのではないかと。
将来的には、1000人オーナー、全田んぼにオーナーがつくのを目指したいですね!
(もちろん、瀬戸の個人的勝手見解です)

念のため、好かった点も。
もちろん、これ以外にもイイところは、書ききれないぐらいたくさんありました!
・適当にいずれかの田んぼで作業するのではなく、マイ田んぼをもてるところがよい。
思い入れができます。
・終わった後に、みんなで御飯を食べるのはイイですね。達成感があります!
・愛耕会の方が、見回ってくれて、アドバイスをくれるのがよかった。そこからコミュニケーションをとりながら、やるのは楽しかったです。
・ただの風光明媚なスペクタクル!というのではなくて、農業体験を通して、能登の素晴らしさが解るのはサイコー!!

七ヶ浜でも、一次産業を通したコミュニティを醸し出せたら素敵ですね。
14,22日の星のり店さんの田んぼ作業が、とても楽しみになってきました♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【輪島の白米千枚田オーナー制度 ~田起こし~】

土曜日曜と実家の輪島に帰っておりました。白米千枚田オーナー制度の第一回農作業・田起こしに参加するためでした。農作業は、33年間一度もやったことがないという体たらくでしたのですごくワクワクしていってまいりました♪田起こしの前日に、駅前通りを歩いておりました...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。