雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、食品関連のポストが続いていますが、今回もそんな感じです。
星のり店3.11後最初の海苔
星のり店、3.11後の最初の海苔です。
今年は、水道処理場が被災による破損で高塩素処理(川内プールの処理器械がぶっ壊れて、塩素剤をバラ撒いているのと同じ状況。多分。)のため、七ヶ浜の海も塩素濃度が上がっています。
海苔は塩素には非常に弱いため、長く海に晒しているとバリカン症(海苔がボロボロ落ちてしまい、バリカンで雑に丸刈りにした時みたいにまだら状になる症状)が起こってしまうため、長さが不十分な状態で刈り取ったそうです。
いわば半熟状態の海苔で、星のり店の真骨頂である完熟海苔ではありません。

しかしながら、この時期にしては過去に類を見ない、豊富な甘みのある仕上がりになっています。
素人の楽観的な見方では、津波による大規模攪拌で、(短期的には高塩素濃度ですが)中長期的には魚介類には住みよい環境になったのではないでしょうか!?
(海苔の種付けの間に採れたハゼのサイズが大きかったのは、その証左ではないかと勝手に思ってます)
そうだとすれば、もし完熟海苔ができた時には、史上最高の海苔になるのではないかと思います!!
今回のも十分美味しいですし、これからの可能性も考えると、ぜひぜひ食べて欲しいですね!!

これから放射能検査のため、お届けできるのは年明けになるだろうとのことでした。
ぜひ星のり店の海苔で、磯辺焼きを食べてみてください♪
スポンサーサイト

【2011/12/26 00:43】 | 七ヶ浜(星のり店の話題が多め)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。