雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日に『居酒屋 石巻港 津田鮮魚店』がオープンしました!
津田鮮魚店は、セキュリテ被災地応援ファンドにも参加している、石巻の元気印の魚屋さんです。
仙台にもアンテナショップはあったのですが、な、なんと!居酒屋まで開くことになりました!!
(正確には、経営はスタイルスグループさんです。念のため。)

ぐるなびの津田鮮魚店ページより。

■日本一の魚バカ市場 石巻港 津田鮮魚店 オープン!
復興に向けて、一丸となって戦ってる石巻の漁師、そして市場の競り人、仲買人。我、津田鮮魚店は仲買人として当日、石巻港に水揚げされた、朝どれ鮮魚をその日のうちに仙台の店まで運び、お客さんに最高の鮮度でお届けします!連日開催の店内競りを始め、新たな仕組みとノリノリのテンションに愛をもって、お客さんと生涯、接していきます。

             「日本一の魚バカ市場!」
           このフレーズは、そんな思いと覚悟を持つ
           我々と石巻漁場の誓いとメッセージなのです。

本当に胸が熱くなるメッセージです。

オープン当日に、早速行って参りました。
いやー、本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました~
食べてばっかりでほとんど写真を撮らなくて申し訳ないです。。。
とりあえず、刺身3種盛りだけは、フレームに収めて参りました。
津田鮮魚店の3種盛り
ハマチ、サーモン、貝、タコ・・・明らかに3種以上ありますね!5種盛りよりも豪華かも(笑)
初日ということでサービス盛りということもあったかとは思いますが、それにしましても凄いボリュームです。
写真では伝わらないかもしれませんが、このハマチの厚みも凄まじかったですよ・・・
そして、敷いてあるのはお皿ではなくて、マグロの中骨ですぞ!
赤身(中落ち)を削ぎ落して食べることができるわけなんですね~♪

しかも、言うまでもなく旨い!
上に書いたハマチなんか、とっても油がのっていてほっぺたがボットンボットン落ちました~
それもそのはず。石巻直送のその日に獲れたお魚で、鮮度が抜群だからなんですよ!
(※僕も最近までよく知りませんでしたが、一概に市場と言ってもいろんな種類があるようです。
例えば、仙台中央卸売市場に並ぶ魚介類は、その日にとれたものではなく前日のものになります。
そんなこともあり、仙台市でその日に獲れた石巻の魚介類が食べられるところは、実は少ないそうです。)

他にも、カニやヒラメ(エンガワも♡)、エビに鯨のベーコン(!)・・・
本当に幸せなひとときでした。
この日は店の名物(になるはず!)のせりを見ることができなくて残念でしたが、又の機会のお楽しみにしておこうと思います。

旨い!旨い!と言っても行って食べなきゃ解りませんので、これからの忘・新年会シーズンに、是非行ってみて下さい!
場所は、仙台夜市(旧ラーメン国技場)になります。
詳細な、営業時間などはぐるなびでご確認下さい。
結構、遅くまでやってますから、二次会三次会にもいいですね♪
特に、旅で仙台に来た人なんかには、新鮮な三陸のお魚を食べて欲しいです!!
津田鮮魚店基本情報
スポンサーサイト

【2011/12/14 22:27】 | その他復興関連・地域づくり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。