雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商業登記実務的には、会社の本店をどこにするのがよいか?という話です。
かなり細かい話なので、興味がない方はスルーして下さい。


会社の本店所在場所は登記する必要があるのですが、ビル・マンション等に入る場合に少し迷うことがあります。
主に以下の2点ですね。

1.建物名を入れるか?
2.部屋番号を入れるか?

登記が通るかどうかという点から言えば、どのようにしても構いません。
建物名を入れても入れなくても、部屋番号を入れても入れなくても、登記は通ります。
但し、やり方によっては、その後に再び登記する必要が出てきたりしますので、ある程度考える必要があります。

上の2つを入れる入れないで4通りあるので、表にまとめてみました。
本店所在場所マトリックス


□1.の場合

ほとんどメリットはありません。
何となく部屋番号を入れたくなりますが、特別に理由がない限りは入れないほうがいいように思います。


□2.の場合

会社名と建物名が分かれば、ほとんど不都合はないと思います。
ですので、建物名ぐらいは登記してもいいかも知れません。
ちょっとデメリットといえば、建物の名称が変わった時に登記する必要があることです。
ただ、建物の名称を変更する際にも登記が必要になりますので、例えばビルオーナーが変わったとしても、建物名が変わらないこともありえます。
考えられるケースとしては、建物名が当たり障りのない場合(例えば、国分町ビルのように、地名+ビルとか)、そのまま使われることもあるでしょう。
逆に、前のオーナーの名前が入っている建物名(例えば、住友生命ビルなど)の場合、恐らく登記しなければならないことになるでしょう。


□3.の場合

建物の名称が変わったとしても登記する必要が無い上に、場所も明白なので、嫌でなければこれが一番いいと思います。
余談ですが、マンション住まいの方の印鑑証明書なんかでも、建物名は入っていないけど部屋番号は入っているというケースは多いですよね!
あれは、万一建物名が変わった時でも、印鑑登録を変更する必要がないようにしてあるのでしょうか?
どうなんだろう?
建物名が変わるなんてことは、そんなに無い気もするけど。


□4.の場合

建物の名称が変更しても登記する必要が無いのはイイですね。
ただ、ほとんどないとは思いますが、郵便が届かない危険性があります。
よっぽど辺鄙なビルでない限りは大丈夫だと思いますが、建物名もわからず部屋番号もわからない場合は郵便屋さんも困るかも知れませんね。
「登記の住所なんか、普通使わないしいいんじゃない?」という考え方もあるとは思いますが、結構重要な郵便で登記の住所宛に送られてくるものもあります。
例えば、税金関係の書類なんかは本店に送られてきますので、その郵便が届かなかったりするのは都合が悪いです。
それを考えると、建物の名称か部屋番号ぐらいは登記しておいたほうがいいのではないかと思います。


登記の際にそんなに考えないとは思いますが、ビルやマンションに本店を置く場合には、上記のようなことも少し考えてみてください♪
あと被災地特有の本店場所についての問題もありますが、それはまた今度書きます。


追記

建物の名称や部屋番号が分からなくても、郵便が届くケースはあります。
大概の建物はそうですが、一階の入口のあたりにレターケース群がある場合は、大丈夫でしょう。
ただ、地下フロアの場合は、レターケースが別に離れていたりする(つまり、地下にある)ことも多いですので、その辺りも少し考慮するといいのではないでしょうか。


設立料金格安!
全国対応の会社設立サービスを是非ご利用下さい
スポンサーサイト

【2011/11/08 19:55】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。