雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには、仕事に関連する話題。


震災後、業務内容にやや変化があり、法人(会社、会社以外の法人)設立の案件をよく頂きます。
ありがたい話です!
長期的な意味での復興のためには、雇用の創出やお金の流れを変えたりすることがとても重要ですから、その一端を担えることはとても嬉しいです♪

支援団体の中には、任意団体ではなく法人格をゲットしたい!という方々も多いです。
その方々から時折受ける質問として、

「一般社団法人とNPO法人ってどっちがいいの?」

質問される段階では、NPO法人しか知らない場合も多いのですが、一般社団法人を説明した上で、この質問はよくあります。
個人的には、一般社団法人の方をお勧めします。

NPO法人のメリットとしましては、

あ。設立時にお金がかからない。
い。税制面での優遇措置がある。
う。資金調達しやすい

この他にもありますが、大きなものはこの辺りでしょう。
しかし、一見メリットに見えますが、さほど大したメリットでなかったりもします。

あ。専門家に頼むと、結局お金がかかる。実費+報酬で考えると、一般社団とほとんど変わらないでしょう。
い。一般社団法人でも、設計次第ではある程度いける。
う。これも一般社団法人でも、比較的いける。
(これについては追記で説明します。)


NPO法人のデメリットも幾つかあります。


1.NPO法人の要件が少しキツイ

少なくとも10人必要だったり、理事・監事で最低4人必要だったりなどは、人によってはキツイかも知れません。
4人ぐらいだったらすぐに何とかなりそうな気もしますが、10人同じ志の人間となると、ちょっと難しい気がします。
まあ、理事や監事ではない社員は登記されないので、名前だけ借りられればオッケーではありますけどね。


2.設立できた後の事務手続きが面倒くさい

上の設立時の要件よりも、こちらが面倒ですね。
毎年の事業報告などが必要になってきます。
一般社団法人であれば、そういったものはありません。


3.設立までに時間がかかる

申請してから、最低4ヶ月かかります。
な、ながい!


こういった理由などから、一般社団法人の方が相応しいケースが多いと思います。
一般社団法人は最低2人で11万円ぐらいあれば作れるのですが、「一般社団法人」というフレーズは何となく公益性もありそうに聞こえて悪く無いと思います。
定款や機関の組み方によっては税制面での優遇措置もあるので、気になる方はぜひご質問下さい♪


追記

「NPO法人は行政に対するウケが良い。」というのが定説のようですが、逆に「NPO法人でないと行政に対するウケが悪い」という事ではありません。
例えば、ここにある宮城県自殺対策緊急強化事業補助金などは、NPO法人でなくてももらっている団体はいくつかあります。
(任意団体でもあります。)
ですので、活動実績があれば、法人格はあまり関係ないと思われます。


追記2

内容に誤りがありましたので、一部修正しました。
スポンサーサイト

【2011/11/03 19:56】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。