スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】みんなの寺のつくり方

書評
10 /19 2011
久しぶりに書評です。
仙台市泉区北中山にある「みんなの寺」の坊守、天野和公さんの2つ目の著作になる「みんなの寺のつくり方」です!
みんなの寺のつくり方
タイトルがターゲットを絞った感じになっているのですが、一つのベンチャーの事例として、とても参考になる本だと感じました。
どういった業種であれ起業を考えている人には、オススメできます。
特に、和公さんが東北大学卒業ということもあり、東北大生にはインスパイアされる部分もあると思いますよ!

立ち上げ時にはどのぐらいのお金がかかるのか?お寺がどういった形で収益を上げているのか?といった部分など、宗教法人の特殊性からあまり明るみに出て来なかった点に関しても細かく書かれています。
(正確には、お寺の全てが宗教法人というわけではないですので、詳しくはこの本を読んで下さいね)
お寺の種類などのFAQについては、コラムとして別に設けてあったりもして、丁寧な構成になっています。
個人的には、宗教法人化する際の実務と、「みんなの寺」という名称がゆえの危機の部分についてが、自分の仕事柄からも興味深い点でした。

和公さんは、みんなの寺絵日記というブログも書いていらっしゃるので、ぜひそちらも御覧下さい。
新規性と行動力が、ベンチャーの肝だと感じさせられます。
常にワクワクしながら、冒険=ベンチャーしていきたいものです!

北中山のお寺ですので、お近くまでいかれた際にはお立ち寄りされてみるのも一興だと思います♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。