スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいまちづくりシンポジウムのアンケートを集計しました

その他
09 /14 2011
遅ればせながら、8月6日に開催致しました「新しいまちづくりシンポジウム ~心に寄り添うコミュニティ~」のアンケートを集計致しました。
今後の被災地での活動で参考になることも多いかも知れませんので、よろしければ御覧下さい。
(とりあえず、ざっくりと集計しました。あとで更新します。)


アンケートは以下のものを使いました。
質問の順番なども回答に影響しているかも知れませんので、その辺りもご考慮下さい。
新しいまちづくりシンポジウムアンケート票


1.今回のシンポジウムは為になりましたか?(回答数が多いものから順番に並べました)

・非常にためになった  21
・少しためになった   10
・普通            2
・あまりためにならなかった 0
・全くためにならなかった  0


※「あまりためにならなかった」「全くためにならなかった」がゼロなので、2.は省略


3.「非常にためになった」「少しためになった」とお答えの方にお聞きします。具体的にどんなところですか?(複数回答可)

・自分の問題意識への解決のヒントになった 22 
・話が分かりやすかった          16
・知識が身についた            11
・想像していた以上の内容          8
・その他 3
※「その他」のご意見としては、
・ネットワーク、総合的に見ながら自分の立ち位置を知ることができた。
・東京からICT支援できていますが、心のケアができるようなボランティア,NPOへ会社を辞めて再就職しようかと思います。
・金田真須美さんのお話がうかがえたこと。




4.今後、震災被害があった地域での大きな課題は、何だと思いますか?お一つお選び下さい。

・仮設住宅でのコミュニティ構築    11
・雇用の創出  7
・仮設住宅以外でのコミュニティ構築   6
・ボランティアの呼びかけ 2
・インフラの整備  2
・医療・介護の充実  2
・教育の充実  1
・その他
※「その他」のご意見としては、

・震災の種類によって課題は変わる。
・仕事生きがい、生活基盤づくり。人が生きて行くための心、社会、健康を含めた縁となるステーション、多機能、自材であるものが欲しい。
・被災地で今後生きて行く人々が希望を持つこと
・電源ブラックアウト時のコミュニケーション
・他の地域からの息の長い支援




5.今回のシンポジウムを何でお知りになりましたか?

・知人の紹介、クチコミ  13
・チラシ         7
・ホームページ  6
・Twitter  1
・Facebook  0
・その他 3
※「その他」のご意見としては、
・新聞(河北新報)    3

   


6.

7.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。