スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一

その他復興関連・地域づくり
04 /29 2011
お誕生日おめでとうございます!!

自分。


そんなわけで、33歳になりました。
3が並ぶのは、(エセ)トライアスリートとしては嬉しいものですね。


今後の復興を考えたときに、自分に何ができるのか?
様々な考え方があるのだろうと思いますが、僕は

「日本一の司法書士事務所を目指す」

ことにしました。
震災の後にゴチャゴチャ考えましたが、シンプルな結論に至ってニヤニヤしています。


復興を考えたときに、現段階でボランティアのマンパワーが足りないことは重々承知しております。
ですから、ボランティアに参加される方には、本当に頭が下がる思いです。

しかし、だからと言って、ボランティアに参加しない人が復興に向けて何もしていないとは思っていません。
ボランティアという言葉はあまりにも狭い意味で使われておりますが、復興への寄与については様々な方法で行えます。
例えば、数日前から始まったこのファンドに投資することは、遠くにいながらにして復興に貢献することができます。
(私も投資してみましたが、かなり使いやすい印象でした。メルマガが来たりするのも、復興がどんな感じになっているのかが解って楽しみです。)
何をすればいいか解らない人は、頑張ってお金を稼いでこのファンドに投資すれば、立派な復興支援になると思います。

そして、この「頑張って」の部分が、決定的に重要です。
もし1時間で1億稼げる人がいるとすれば、その人は稼ぐことを頑張るべきであり、ボランティアをしない方がいいとも思います。
仕事が無い人は、ボランティアをするのはいいかも知れません。
スラムダンクの三井はペネトレイトではなく3Pシュート、逆に宮城リョータは3Pシュートではなくペネトレイトが武器になるのと同じです。

※これは、誤解を招く表現かもしれませんね。
何もボランティアをやるのは暇人だと言っているわけではありません。
フルタイムワーカーが余暇を使ってやるボランティアは、とても尊いものだと考えています。


幸いにも、僕は自分の仕事があります。
震災後でも変わらずに仕事を持っている人間は、その仕事を全うするべきだと思います。
しかも、その仕事の高みを見据えてやることが大切ではないかと。
宮城県民というチームの中で、今の仕事が自分のベストポジションかはわかりませんが、仕事を失った人に比べれば圧倒的にベターです。
だから、今の仕事を全うして、貯めたお金を送ればいいのではないかと考えます。

また、仕事が直接被災者のためになることもあるでしょう。
私の仕事で言えば、被災者のために無料相談を行ったりすることなどが挙げられます。
お金がなくても、ソーシャル・キャピタルは築けます。

いずれにしても、自分のできる最大の貢献を考えて、復興支援に携わりたいです。
この長丁場を宮城県民として迎えられる自分は、メチャメチャ恵まれていますね。


私の事務所の名前は「伊豆屋司法書士事務所」です。
祖父の代から続く伊豆屋は、私の代で煎餅屋から司法書士事務所になりましたが、伊豆屋という名は断固譲れません。
いつもヘラヘラしていますが、ここだけは絶対です。

これからも、東北大学応援団やとんとらの頃のように、無邪気に日本一を目指します。
この結論に至れて、本当によかった(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

『自分にできること』の種類はそれこそ人の数だけあると思います。
同じ目的を達するにも、それぞれのベストとなる選択は違います。

自分の仕事が復興に直結するというのは、シンプルかつベストですね(^_^)/

やり方は違えど目的は同じ。

ともに頑張りましょう!!

ですね!
ホントできることは十人十色です。
今が天職なのかもそんな事解らないけど(材料系だったのに、大学やめてアメリカ行ってたり司法書士になってたり・・・笑)、宮城県大好きだし、ここでやんなきゃ男がすたります!
なので、この仕事を全うするのみです。

ともに頑張りましょう!!
10年前の5月最後の日曜日と違って、今回は勝とうぜ!!

お誕生日おめでとうございます!!

復興への貢献の考え方、全面同意です。

そして僕も、「自分の出来る最大」を目指していきたいなあ。調子いい時も、落ちてる時も、今の自分の最大のパフォーマンスを引き出せるようになっておかなければ。

引き続き頑張りましょうね!!

ありがとうございます!

なかなか気持ちをコントロールするのは難しいですが、今回みたいなことを乗り越えれば、一つ強くなれるのではないかと信じております。

そして、実家の輪島ももちろんですが、宮城も大事な僕の故郷ですから、世界が滅びても宮城は滅びません(笑)
滅ばせません!

頑張りましょう!!

> 「日本一の司法書士事務所を目指す」

いい目標ですね!
ただし一言付け加えると,司法書士という世界の中での日本一の定義は何だろう?顧客の数?売り上げ?名声?ここは明確にした方がいいと思う.そうすることで,まずは目標から逃げないことが大事です.あと,もし世界と比較できる基準があるのなら,それにした方がいい.常に世界を見て勝負していれば,日本という世界が小さく見えます.
応援しています.

>はにゃおかさん

ありがとうございます!
正に、おっしゃる通りで、日本一とは言ったものの、具体的には何を目指す事なんだろう?とは、我が事ながら疑問に思っていました。
ぶれない軸を作るためにも、具体的にする必要があるように感じます。
世界に目を向ける事についても、考えてみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。