私も当事者

その他
01 /12 2011
最近、ニュースを目にするときなどに、いつも花岡さんのブログの言葉を思い出す。

当事者意識を持つこと

国はだめだがそこの住んでいる人々は実に立派だ,ということはありえない.
われわれが立派に生きる努力をしなければ,結局,政治も国も変わらないのである.


コンパクトなエントリーの中に、とても大切なものが詰まっている。
現代はもちろんだが、問題が増えこそすれ減ることはないであろう未来においても、忘れてはいけない言葉に思う。

今日、ツイッターを見ていると、こんなつぶやきがあった。

子供達にランドセルを背負わせたいのが伊達直人。子供達に借金を背負わせたいのが菅直人。

とてもやるせない気持ちになった。
もちろん、政権党に責任がないわけはないのだけれども、この他人事としか捉えていないような感覚が蔓延しているのだとしたら、日本の未来は暗い。
今の政権党を選んだのは誰か?当事者としての覚悟をもって選んだのか?

民主党に入れた市民は、菅さんを責める以上に、反省しなければならないことがあるだろう。
年の瀬のM-1のスリムクラブのネタで『民主党ですか?』で大笑いしていた僕も、反省しなければならない。
(もちろん、スリムクラブのネタで笑うこと自体は悪いことではないですよ。)
かと言って、今回は民主以外に票を投じた市民であっても、決して免責されるわけではなく、常に当事者として考えて行くことが求められるのだと思う。。

政治家を責めるなと言っているわけではない。
彼らは『では、どうすればいいのか?』という答えがない問題を、そう解っていながらも答えを出していっている。
その答えを出すのが政治家だけだという時代が終わったのだろう。
責めるからには、『では、どうすればいいのか?』という答えを、当事者として出していかなければならない。

リングサイドから菅に対して、缶を投げるだけの簡単なお仕事はない。
自分ができる精一杯のCANを、当事者として全うしていきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新年初アクセス

新年になって初めて来ました.コメントありがとう.カレー屋本当にやるの?カレー大好き人間として,応援するよ!

コメントを頂きまして、こちらこそありがとうございます!
カレー屋については、前々から考えるところがありまして、最近頭の中でモデルが固まってきました。
やります!!