雑多に、思いつくままに


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんとらの写真を電子化していて、懐かしいインカレ2002の写真発見。
この年は残念な結果でした。
2002インカレ
それまでの人生で、最も悔しかった日だ。
悔し涙はそれまであまり流したことなかったけれど、この時はそれが止まらなかった。

とは言え、この悔しさを味わえたのは財産だったとも思う。
そのぐらい賭けるものがあったことの証左という意味で。

そして、未だにこの時を超える悔しさを味わっていない。
変な話だけど、これ以上の悔しさを味わってみたいというのが現在の希望。
インカレを超えるものってあるのかね!?あるといいね・・・


反省の環の後には胴上げ。
綺麗な胴上げ
なんて綺麗な胴上げ!
胴上げの教科書があったら、絶対にこの写真は載せて欲しい。

雪駄あり
私、胴上げされたのが人生2回目ぐらいだったから、不慣れで不安な表情。
左の雪駄が脱げそう。

雪駄なし
って言うか、脱げてた右の雪駄が落ちてきた。

胴上げに海部さんも参加
よく覚えているのだけど、この時に海部さんが積極的に胴上げしてくださったのが、凄く嬉しかった。

セクハラの証拠写真?
セクハラの証拠写真?
赤ズボンの男の左手に注目。

法廷でも使えるセクハラ証拠写真
決定的セクハラの証拠写真。
赤ズボンの男の左手に注目。
表情からして、明らかに故意。
この写真は、法廷でお使いください。

表情
赤ズボンの男の表情をトリミングしたものも、法廷でお使いください。


この年は、嬉しくて泣いて悔しくて泣いて、涙洪水警報が鳴りっぱなしの年だった。
インカレはある意味で麻薬で、これほど魅力的なものはなかったことを再確認。
練習は習慣になってたけど、依存症に近かったとも思う。

それでも、いつかまた、これを超えるほどワクワクするものが現れるんだと信じてる。
それが何なのかは、今はわからないけど。
スポンサーサイト

【2010/10/30 22:52】 | その他
トラックバック(0) |


はにゃおか
某バンコク市民に薦められての初訪問です.薦められたのはインカレ当日だったので随分と経ってしまいましたが...面白いブログですね!それでは25周年で会いましょう.


せと
な、なんと!
はにゃおかさんにブログを御覧いただいたとは・・・
しかも、こんなロクでもない記事の時に。

コメント、ありがとうございます。
ちょうど2週間後ですね、25周年でお会いできるのを楽しみにしております!!


yamamoto
Oさんの写真は松島ハーフに並ぶ衝撃でした。

懐かしいです
たけきだ
懐かしいですね~
自分も仕事ではまだそこまでの悔しい体験をした覚えはありません。仕事に対する真剣度が足りないのかもしれませんが。
みんなで味わったあの悔しさを思い出せば色々な試練にも耐えられるような気がします。

それにしても明らかな証拠写真… ビックリです。


はにゃおか
今日は前のエントリーを見ましたが,仙台経済界のことも書いてもらっていましたね.どうもありがとう!記事は先日,私のウェブにもアップしています.11月中にはアゴラへの投稿も考えています.

仕事で悔しい経験を得たいのであれば...場違いと思える程その分野のハイレベルな場所で,発表なり発言なりをして,周りから思いっきり否定される経験してみてはどうでしょう.自分が正しいと信じていたことがぼろくそに否定されれば,それは悔しいよ.そういうチャレンジングな場所に参加することから始めないとね.社会人になってから軌道に乗ると,自分を叱ってくれる人が非常に貴重になります.そういう人は時にむかつくかもしれないけど,大事にしよう.


せと
>yamamotoさん

手だけじゃなくて、この表情はO氏ならではですな。
25周年にも来るようなので、糾弾しましょう。


せと
>たけきださん

とんとらというチームがあったから、あそこまで真剣にやれたのかなという気がします。
自分にとって濃い準拠集団で、競い合える人がすぐ身近にいたからできたのかな、と。
チームを作って、難しいミッションに立ち向かう経験は、またやってみたいものです。
そのときには、とんとらでの経験も生かしたいですね。

写真に関しては、1枚目だけならまだしも2枚目もある辺りがO氏流。


せと
LCCに関しての記事が、今朝の河北新報にも載っていました。
LCC、オープンスカイは注目度が高いテーマですが、池田信夫先生ぐらい博識な方でも誤解されていたようですので、ご教示いただく必要性は大きいと思います。
アゴラの記事、楽しみにしています!

確かに、打ちのめされる経験というものが、むしろ学生時代の方が多かった気がします。
おそらく、今でもそういう場はあるはずですが、壁を知らず知らずに避けていたのかもしれません。
当たって砕けて、砕けてから考えてみます!!


せと
一つ下のコメントは

>はにゃおかさん

へのコメントです。
失礼しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
某バンコク市民に薦められての初訪問です.薦められたのはインカレ当日だったので随分と経ってしまいましたが...面白いブログですね!それでは25周年で会いましょう.
2010/10/31(Sun) 01:52 | URL  | はにゃおか #-[ 編集]
な、なんと!
はにゃおかさんにブログを御覧いただいたとは・・・
しかも、こんなロクでもない記事の時に。

コメント、ありがとうございます。
ちょうど2週間後ですね、25周年でお会いできるのを楽しみにしております!!
2010/10/31(Sun) 11:14 | URL  | せと #-[ 編集]
Oさんの写真は松島ハーフに並ぶ衝撃でした。
2010/10/31(Sun) 22:23 | URL  | yamamoto #-[ 編集]
懐かしいです
懐かしいですね~
自分も仕事ではまだそこまでの悔しい体験をした覚えはありません。仕事に対する真剣度が足りないのかもしれませんが。
みんなで味わったあの悔しさを思い出せば色々な試練にも耐えられるような気がします。

それにしても明らかな証拠写真… ビックリです。
2010/10/31(Sun) 22:55 | URL  | たけきだ #k4B6N60E[ 編集]
今日は前のエントリーを見ましたが,仙台経済界のことも書いてもらっていましたね.どうもありがとう!記事は先日,私のウェブにもアップしています.11月中にはアゴラへの投稿も考えています.

仕事で悔しい経験を得たいのであれば...場違いと思える程その分野のハイレベルな場所で,発表なり発言なりをして,周りから思いっきり否定される経験してみてはどうでしょう.自分が正しいと信じていたことがぼろくそに否定されれば,それは悔しいよ.そういうチャレンジングな場所に参加することから始めないとね.社会人になってから軌道に乗ると,自分を叱ってくれる人が非常に貴重になります.そういう人は時にむかつくかもしれないけど,大事にしよう.
2010/10/31(Sun) 23:55 | URL  | はにゃおか #-[ 編集]
>yamamotoさん

手だけじゃなくて、この表情はO氏ならではですな。
25周年にも来るようなので、糾弾しましょう。
2010/11/01(Mon) 13:07 | URL  | せと #-[ 編集]
>たけきださん

とんとらというチームがあったから、あそこまで真剣にやれたのかなという気がします。
自分にとって濃い準拠集団で、競い合える人がすぐ身近にいたからできたのかな、と。
チームを作って、難しいミッションに立ち向かう経験は、またやってみたいものです。
そのときには、とんとらでの経験も生かしたいですね。

写真に関しては、1枚目だけならまだしも2枚目もある辺りがO氏流。
2010/11/01(Mon) 13:26 | URL  | せと #-[ 編集]
LCCに関しての記事が、今朝の河北新報にも載っていました。
LCC、オープンスカイは注目度が高いテーマですが、池田信夫先生ぐらい博識な方でも誤解されていたようですので、ご教示いただく必要性は大きいと思います。
アゴラの記事、楽しみにしています!

確かに、打ちのめされる経験というものが、むしろ学生時代の方が多かった気がします。
おそらく、今でもそういう場はあるはずですが、壁を知らず知らずに避けていたのかもしれません。
当たって砕けて、砕けてから考えてみます!!
2010/11/01(Mon) 13:39 | URL  | せと #-[ 編集]
一つ下のコメントは

>はにゃおかさん

へのコメントです。
失礼しました。
2010/11/01(Mon) 20:07 | URL  | せと #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。