たとえカラ元気だとしても

その他復興関連・地域づくり
03 /19 2011
一週間が経ちました。

奇跡的な知らせがありました。
津波の被害に会われながらも、生き残って下さった事が、本当に嬉しかったです。

やり場のない憤りの知らせもありました。
昨日の14時46分からの黙祷の際、その事が頭をもたげて、涙が溢れました。

矢越会館の近く
私が古川に来て初めて走った道は、原型をとどめないほど砕けてしまいました。
それでも、モノはいつか必ず戻ります。
この道が繋がるまで、そして、繋がった後もずっと走り続ける。
それが、戻らないヒトのためにできる唯一のことだと信じてます。

私は、違法も脱法も法だとは思いませんが、偽善は善であり、カラ元気も立派な元気だと考えています。
そして、いつかは『カラ元気』という言葉に、『カラ』をつける必要がなくなる日が来ることを、願って止みません。
スポンサーサイト