天までとどけ!iPhoneがな・・・

その他
05 /30 2010
昨日の朝、洗濯機から

『ゴロンゴロン・・・ゴロンゴロン・・・』

と洗濯槽が回る度に聞き覚えが無い音がしました。
なんだろうな?と思って、洗濯機を開けて確認しましたら、

『ああああーーーーーー!!!!!!』

そして・・・

僕のiPhoneが天に召されました。
享年7ヶ月と11日。
120%僕が悪いので、ぐうの音も出ませんね。

いろいろ調べた感じですと、応急処置によっては助かった可能性が高いのですが、明らかに間違った処置をしてしまいました。
結果として、完全に帰らぬフォンとなってしまいました。
もしかしましたら、今後誤って水没させてしまう人がいるかも知れませんので、今回の愚行を書き記しておきます。

1.洗濯水に落としたこと

真水であれば、乾いた時に復活することもあるそうです。
しかし、洗濯水の場合ですと、水が蒸発した後に中に異物が残ってしまうため、完全な回復は難しいとのことでした。


2.あっつあつのドライヤーで乾かしたこと

熱には決して強くないですので、ドライヤーで乾かすときは冷風が基本らしいです。
『乾けー!!乾けー!!』と叫びながら、温風ドライヤー(ターボ)はもっての外だったようです。


3.差せば何とか成るんじゃないか!?と思って、パソコンにつないで同期しようとしたこと

何ともなりません。iTuneは、iPhoneのかかりつけ医ではありません。
ただ、実は最初は反応していたんです。
そこで止めればよかったのですが、なんか画面にいつも映るりんごマークがマダラ模様になっていて、『毒りんごだねぇ』とか、液晶が見えそうで見えないぐらいにうっすら映っていて『フォンチラだねぇ』とかいって楽しんでました。
しかし、そのうち画面が写りの悪いテレビみたいに『バ、バ、バー』となって、変な真っ白な画面になってしまいました。
そして、ついにはなにも映らなくなりました。
iPhoneなりに頑張ったはずですが、この3.がトドメを刺したのだと思われます。



ただ、最近iPhone中毒と言いますか、ツイッター中毒になっておりましたので、iPhoneがない生活も悪くない気がします。
インドに行く直前になっても復活しないようでしたら、新しい機種に変更してもらおうと思います。
お金はかかってしまいますが、仕方ないですね。勉強代ということでしょう。

jetshinさん、せっかくのドライヤーを活かすことが出来ず、すみませんでした・・・
スポンサーサイト