雑多に、思いつくままに
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、8月6日に開催致しました「新しいまちづくりシンポジウム ~心に寄り添うコミュニティ~」のアンケートを集計致しました。
今後の被災地での活動で参考になることも多いかも知れませんので、よろしければ御覧下さい。
(とりあえず、ざっくりと集計しました。あとで更新します。)


アンケートは以下のものを使いました。
質問の順番なども回答に影響しているかも知れませんので、その辺りもご考慮下さい。
新しいまちづくりシンポジウムアンケート票


1.今回のシンポジウムは為になりましたか?(回答数が多いものから順番に並べました)

・非常にためになった  21
・少しためになった   10
・普通            2
・あまりためにならなかった 0
・全くためにならなかった  0


※「あまりためにならなかった」「全くためにならなかった」がゼロなので、2.は省略


3.「非常にためになった」「少しためになった」とお答えの方にお聞きします。具体的にどんなところですか?(複数回答可)

・自分の問題意識への解決のヒントになった 22 
・話が分かりやすかった          16
・知識が身についた            11
・想像していた以上の内容          8
・その他 3
※「その他」のご意見としては、
・ネットワーク、総合的に見ながら自分の立ち位置を知ることができた。
・東京からICT支援できていますが、心のケアができるようなボランティア,NPOへ会社を辞めて再就職しようかと思います。
・金田真須美さんのお話がうかがえたこと。




4.今後、震災被害があった地域での大きな課題は、何だと思いますか?お一つお選び下さい。

・仮設住宅でのコミュニティ構築    11
・雇用の創出  7
・仮設住宅以外でのコミュニティ構築   6
・ボランティアの呼びかけ 2
・インフラの整備  2
・医療・介護の充実  2
・教育の充実  1
・その他
※「その他」のご意見としては、

・震災の種類によって課題は変わる。
・仕事生きがい、生活基盤づくり。人が生きて行くための心、社会、健康を含めた縁となるステーション、多機能、自材であるものが欲しい。
・被災地で今後生きて行く人々が希望を持つこと
・電源ブラックアウト時のコミュニケーション
・他の地域からの息の長い支援




5.今回のシンポジウムを何でお知りになりましたか?

・知人の紹介、クチコミ  13
・チラシ         7
・ホームページ  6
・Twitter  1
・Facebook  0
・その他 3
※「その他」のご意見としては、
・新聞(河北新報)    3

   


6.

7.
スポンサーサイト

【2011/09/14 11:13】 | 新しいまちづくりシンポジウム
トラックバック(0) |
8月6日に行いました新しいまちづくりシンポジウムの映像を一部USTREAMにて配信しております。
震災後のコミュニティを構築する際にヒントになることもあるかと思いますので、よろしければご覧ください。


【2011/08/18 15:58】 | 新しいまちづくりシンポジウム
トラックバック(0) |
遅くなりましたが、新しいまちづくりシンポジウム、無事終了しました。
ご講演いただいた皆さん、当日見に来てくださった皆さん、手伝ってくださった皆さん、すべての人に感謝します!
本当にありがとうございました。
運営を除いて、51名の参加でした。
多くの方々がいらしたことももちろんですが、宮城だけではなく、山形や福島、関東や西日本(たまたま仙台にいらしたのでしょうか!?)からもお越しの方がいらして、とても嬉しかったです。
運営冥利につきますね!

当日の様子は、USTREAMで見ることができますので、ぜひ御覧下さい!→こちら
高橋聡美先生の基調講演は残せなかった(高橋先生、申し訳ございません!)のですが、金田さんの基調講演と、パネルディスカッションは残っています。
全部見て欲しいですが、少なくとも講演者揃い踏みのパネルディスカッションは必見です!!!
レジュメなど資料もありますので、そちらもご参照くださいね。→こちら

僕は、哲学的には浅い人間かも知れません。
震災の後は、あまり深く考えずに復興に携わる「べき」だ、コミュニティを構築する「べき」だ、ボランティアする「べき」だ・・・と短絡的なべき論の下に動いてきました。
ただ、このべき論は同調圧力、例えば、「がんばろう東北」などに代表されるような、その輪に入らないと負い目を感じさせられるような空気からくるものではないと思います。
そうではなく、今いる場所が好きだという、その愛情から来ていると考えています。臭いですが。

宮城が好きなんです。だから、このまちをよくしたい。

もちろん、コミュニティを構築する必要はない、ボランティアなんか意味が無いという考え方もあると思いますが、僕は人と人とのつながりはまちの資産だと考えています。
そして、一人の人が作れるネットワークなんてたかが知れているかも知れませんが、多くの人が多くのつながりを持つことにより、等比級数的につながりの数は増えます。
結果、できるびっしり目が詰まったクモの巣状のネットワークがあれば、そこからこぼれ落ちてしまう人もいなくなるのではないかと思います。
そのネットワークを作るための第一歩として、このシンポジウムをやりたかったのです。
一歩を踏み出して、退路を断ちたかったのです。

準備の段階で、いろんな人とのつながりができました。期待してくれる人も出てきました。
そして、当日を経て、良くも悪くももう退くことはできなくなりました。
もう前を向いて突っ走っていくしかないのです。
つまり、スタートのプォーーンが鳴ったトライアスロンと同じです。
恐らく、辛い道のりになるのでしょうけれども、必ず応援してくれる人がいることも知っています。
だから、このレースにエントリーしたんです。

ゴールまでずっと宮城が好きだという気持ちを持ち続けて、そこから出てくるシンプルな原理原則の下に走り続けたい。
今回のシンポジウムで終わるつもりは全く無いです。
継続的にやる取り組みが決まったら、またお知らせ致します。

【2011/08/09 21:08】 | 新しいまちづくりシンポジウム
トラックバック(0) |
2011年8月5日の河北新報朝刊

今朝の河北新報に載せて頂きました!
うれしい!!
かほく、だーい好き♡


そんな訳で、皆さん是非お越し下さい。
行けないけどUSTREAMで見るよ!という方のために、レジュメ等の資料室を作りました。
こちらです
ぜひダウンロードしてみて下さい♪

【2011/08/05 19:37】 | 新しいまちづくりシンポジウム
トラックバック(0) |
一番上に記事が来るようになっていますが、改めて告知です。


6日の土曜日、仙台七夕の最初の日に「新しいまちづくりシンポジウム ~心に寄り添うコミュニティ~」を開催致します。
震災から5ヶ月が過ぎようとしておりますが、被害が大きかった地域はまだまだ復旧が遅れております。
また、目に見えるインフラなどだけではなく、目に見えない人々の心に刻まれた爪あとは、その大きさは計り知れません。
復興の名の下からこぼれ落ちる人が出ないような震災後のまちづくりを、人々の心の面から考えてみませんか?

手前味噌ですが、講演者陣はかなり豪華ですよ!
しかも、3.11の後に実際に現地で活動されている方々を中心に集めましたので、ポワポワーとした抽象論ではなく実態を踏まえた真に考えるべき話を聞けます。
土曜日はぜひぜひ仙台弁護士会館にお越し下さい!!
そして、懇親会もよかったらご参加下さい。
高橋先生、粟田先生、金田さんもご参加されますので。

「遠いし無理ー!!」という方は、当日はネット配信もしますので、そちらをご覧下さい。
(ただし、回線の状況によっては、上手く映らなかったりする可能性もあるので、来れる人は来て下さいね)
詳細は、こちらを御覧下さい。

疑問などありましたら、keisukeseto.89103@gmail.comにご質問下さい。
取り急ぎでしたら、0229-29-9819までお電話下さい。

FC2blog テーマ:災害ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

【2011/08/04 12:42】 | 新しいまちづくりシンポジウム
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。