トライアスロンが好きだ

その他
12 /26 2017
今年は一言で言えば、とてもいい一年でした。
理由は単純で、遂にトライアスロンを再開できたからです。

スイムはほとんどやれていないですし、ランも先日のつくばのリザルトはずたぼろ(3時間37分ぐらい)でした。
それでも、再開できた後の日々はとても充実しております。
2003年にガチでやるトライアスロンを離れて以来、シリアスに取り組んだのは2013,2014のマラソンぐらいでしたが、自分にとっては3種目の方がやりがいを感じられるようです。

私は、人生を充実したものにするためには努力すべきだと考えています。
そして、努力とは「正しい方向に労力を費やすこと」と、個人的に定義しております。
(一般的な定義は知りません。)
つまり、努力とはベクトル量、労力とはスカラー量だということですね。

それでは、正しい方向とは何か?
私は、少し前までは「正しい方向とは、結果を出せる方向のこと」だと考えていました。
この考え方から言えば、10年以上サボっていた人間が競技を再開することは、正しいとは思えません。
結果が出ない可能性の方が高いでしょうしね。

ですが、2014年のマラソン後もたまに体を動かす中で、いいようのない充実感を覚えていました。
あの時のマラソンも望んだような結果ではなかった(3時間12分ぐらい)にも関わらず、その結果とは別に、日々の満足感は得られていたのでした。
「今日も走れたなぁ」とか「ローラー台、乗れたなぁ」とか、そういった小さな喜びは、間違いなく私の心を満たしていたんですよね。
そして今は、そういった喜びを大切にして、毎日練習しております。

恐らく、努力の正しい方向というのは、ただ結果を求めることだけではないのでしょう。
確かに、私は今も「アイアンマンハワイに絶対出る」「バイクのFTP280w。達成したら300w」「サブスリー」などといった結果を追い求めています。
ただの享楽的な楽しみを、トライアスロンに求めているわけではありません。
それでも、もし結果が出なかったとしても、トライアスロンを続けていきたいです。

あと、1つ大事なこと。

今は自分のギラギラした想いが先走っていますが、いつかは自分のチームをつくりたいです。

私は、大学1年生の時に、東北大学トライアスロン部(以下とんとら)が七ヶ浜を駆け抜ける姿に惚れたから、トライアスロンを始めました。
炎天下の下で滝のように流れる汗に恋したんです。
気恥ずかしかったからずっと認めませんでしたが、結局今でも恋してるんでしょう(笑)。
ついでに言えば、あまり自分のことは好きになれませんが、トライアスロンをやっている自分だけは好きなんです。

なので、いつかは自分もトライアスロンチームをつくって、仲間と一緒にレースに出て、それを見た人が「自分もトライアスロンをやりたいです」って言ってくれる、そんな日を夢見ています。
トライアスロンの魅力を一人でも多くの人につたえられたら
まあ、それはアイアンマンハワイよりも先になるでしょうけどね。


なんにせよ、今年はいい年でした。
スポンサーサイト

7月17日から7月23日までのトレーニングの振り返り

その他
07 /24 2017
IMG_20170724_213040.png

○よかった点

・ハードトレーニングのTSSをある程度確保できたこと。
・23日は遠出していたが、その遠征先で練習ができたこと。

○改善すべき点

・スリープロートレーニングが少なかったこと。
・ランニングエコノミーを改善するトレーニングをやらなかったこと。
・VO2MAXを改善するトレーニングをやらなかったこと。
・ランニングのハードTSSが低かったこと。


○今週の目標

・ハードトレーニングのave.TSSを45以上確保すること。
・プライオメトリクスのメニューを修正して実践すること。
・ランのペース走を6km以上はすること。

○雑感

23日はヲタ活の現場遠征をしていたものの、空き時間に10kmほど走れたのはよかったです。
この時の5kmのペース走をやらなかったら、ランに関しては強くなるためのトレーニングをほとんどやれなかったことになってましたからね。

ただ、5km程度のペース走を週に2回程度で強くなれるかと言えば、正直微妙でしょう。
6km、7kmと少しずつ増やしていき、最低でも8km、できれば10kmほどのペース走をできるようにしたいですね。

バイクのトレーニングは、かなり満足に行えましたので、今週もこの調子でいきたいです。
85%MAP 5分*8本(レスト1分)をave.260wオーバーでクリアーできたのは自信にもなりました。

2017年6月30日のトレーニング

その他
06 /30 2017
○朝練
・ローラー台
60分 ave.172w

今日はこの練習のみ。
昨日の朝ほどは、体は重くなかったかも。
そこそこのワット数で回せましたしね。

もしこれが本当だとすると、ランのインターバル1000m*5本(6分サイクル)の方が、ローラー台85%MAP5分*8本(レスト1分)よりもダメージがあるということなのでしょう。
いずれにせよ、平日3日間連続のハード日を無事終えられてよかったです。


○夜練
・ローラー台
BFRスプリント30秒*4本(レスト4分半)

朝の中負荷トレーニングのみで終える予定でしたが、どうしてもやりたいトレーニングがあったのでやってみました。
これは各スプリントセッション後のインターバルの間に、加圧で血流制限するというものです。
こちらの記事を読んで、興味を持ちました。
BFRがVo2maxを増加させる?
軽い重量でウェイトトレーニングをやっても伸びにくいように、ゆっくりと長時間走りこむランニングをしてもVo2maxを伸ばすための刺激とはなりにくい。 
そこでウェイトトレーニングのように、高強度で短時間の運動を何セットも繰り返すインターバルトレーニングが、Vo2max改善のために行われている。これとBFRを組み合わせた結果はどうだったろうか? 
 20名のベテランサイクリストを対象に、スプリントトレーニングを週2回行わせた。1セットの運動時間は30秒、インターバルは4.5分。最初は4セットとし、最終的に7セットまで増やした。  BFR群は各スプリント後に仰向けになり、2分間の間、130mmHgで下肢の血流を制限した。 
その結果、4週間後にVo2maxを測定したところ、コントロール群が0.7%の増加だったのにたいし、BFR群は4.5%まで増加した。そしてBFR群でのみ、HIF-1αのmRNA発現が増加していたのである 
(中略) 
この研究で面白いのは、運動中ではなく、運動後に血流を制激したというところだ。また時間も一回2分間と短い。ウェイトトレーニングで同様の方法を行った場合、どのような結果になるか、今後の研究展開が気になるところである。
凄くないですか(笑)?
週2回で、各メインセッションのトータル時間が2分から3分半のスプリントトレーニングでVO2MAXが上昇するなんて。

もちろん加圧ベルトなんて大層なものは持っていませんので、100均のGIベルトです(笑)。
なので、本来なら上手くいくものでも、上手くいかない可能性はありますが。

そんなわけで、このトレーニングも基底トレーニングに組み込もうと考えております。
まあ、明日のラン練に影響が出ない範囲内でやるといった感じですね。

2017-06-15練習

その他
06 /15 2017
○朝練
・ラン
10.9km ave.5m05s/km

低カーボ状態でのラン。
まあ、可もなく不可もなく。
剥けていた足の皮もそこそこ治って走りやすかった。

ところで、いろいろ迷っていた週間計画だが、大体こんな感じでやろうかなと。




○夜練
・ローラー台
15分*2セット ave.211w

いい感じで終えられた。
210wオーバーで30分は、今の自分としては上出来。
特に、ラスト5分はave.223wで回せたので、それもよかったね。

今年の目標であるサブスリー&FTP250w超えは諦めかけていたけど、まだ半年以上あるからやり抜きたい。

2017-06-14練習

その他
06 /15 2017
○夜練
・ローラー台
20分 ave.201w

体調を崩していたため、これだけ。
日曜日のロング走から夜行バス移動、その後月曜日はオフにしたが、火曜日はまたロング走をやったので、体が持たなかったのかも知れない。
睡眠の質も量も低かったように思う。

睡眠は最高の休息だろうから、しっかり確保したいものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。